北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合 第3支部支部長
全日本鍼灸学会会員
日本在宅医学会会員
日本統合医学会会員
地域の医療に携わる鍼灸マッサージ師になるために
 函館鍼灸マッサージ師連絡協議会 会長 益井 基
 ご存知のように、国は2025年問題に向け国策として「地域包括ケアシステム」をひくことが決まっております。
これに向け全国の各自治体ではすでに準備が始まっており、函館市においても平成27年4月より、「函館市医療・介護連携推進協議会」が立ち上がり多職種の連携が進んでおりました。
 この推進協議会に鍼灸マッサージ業界も参入をしなければ地域の医療資源としては認知されず、リラクゼーション業との区別がつかないまま、「職」としては衰退してしまう恐れがある為、この推進協議会に入るために必要不可欠でありました業界の窓口となる「函館鍼灸マッサージ連携会」をH28年4月に発足致しました。
 発足できたことで推進協議会の部会である「多職種連携研修作業部会」に委員として加わる事が許され、これにより初めて鍼灸マッサージ師が医療介護の多職種と行政の下に繋がることが出来たのです。
 この一年で函館における我々業界の環境は大きく変わろうとしています。
今こそ鍼灸マッサージ師が一堂に会し、医療従事者として地域住民の健康をサポートしていかなければいけないと考えております。
 一人一人が志を持ち、鍼灸マッサージ医療の道を邁進していきましょう。
連携会はそんな皆様の力になれる会にしていきたいと思います。
是非とも皆様のご協力と会へのご参加を宜しくお願い申し上げます。